互換インクカートリッジ

最近のプリンターは求め安い値段で、高性能のものが多くなってきましたね。無線LANで印刷できたりスキャン性能も向上したりと、便利になりました。

 

ただ仕事などでよくモノクロやカラー印刷をするので、インクの消耗が早く、インクカートリッジの交換が多いのがちょっと…というのが正直なところです。プリンターはキャノンのPIXUS MG3530使っています。純正のインクカートリッジは品番BC‐340、BC‐341なのですが、単価が高いだけに交換が頻繁になると、結果的に印刷コストかかってしまいます。かといって、節約するつもりで、極力PDF化したりして印刷しないようにしても、インクの減りは早いように感じます。

 

最近、低価格で、環境にやさしいインクカートリッジがあることを知り、近くの家電量販店でキャノン用のリサイクル インクカートリッジを購入してみました。純正のものとくらべて大幅にコストダウンできそうだと期待してのことです。実際印刷してみても、純正のものとくらべても遜色なくきれいに印刷できます。

 

これは良い!と思ったのですが、交換したばかりのインクの残量がいきなり0になったような表示が出ました。これでは結局また交換‥!?と思いながら印刷を続けてみたところ、意外にきちんと印刷できていたのが不思議でした。(リサイクル インクカートリッジを使用した場合、インクの残量表示ができないこともあると知りました。)そういったメリットとデメリットをよく知ったうえで、リサイクル インクカートリッジを賢く使ってみるのも良いですね!

続きを読む≫ 2015/09/15 12:12:15

家庭用プリンターと言えば、エプソンがとても気になります。何故か、10年前から家庭用プリンターならエプソンが良いなと思っていたのでした。どうも、エプソンはワンランク上の上品さがあります。少し高いですが、高いだけに、妥協のないプリントができると感じるのです。

 

他のプリンタはどうしても色が薄かったり、ボケているようなプリントしかできないのですが、エプソンは、まるで写真のように鮮明で鮮やかなプリントができるのです。

 

色々な種類がありますが、その中でもSC-PX7VUがとても気になります。2015年の秋販売予定という最新のプリンターでもあり、光沢顔料グロスオプティマイザを採用しているので、より鮮明で美しいプリントができるのです。

 

8色顔料と色が豊富で、オートフォトからレーベル印刷、耐光性が80年もあるのも驚きます。また、耐オゾン性が35年で、アルバム保存が約200年と長いのも驚くところです。

 

実に長期間、美しくプリントしたものを保存できるのですから、孫の代まで楽しめそうな気がします。

 

そのエプソンの家庭用プリンターの良いところは、そのデザインです。ブラックカラーがとても美しく、それでいてシンプルで都会的なフェイスが格好良いなと思うのです。

 

紙質がA3ノビ対応で自分なりの作風が選べるのも面白いなと思います。

続きを読む≫ 2015/09/15 12:11:15

ネットでインクカートリッジを買うのは本当に便利だと思います。近くにインクカートリッジを売っているお店がない地方や郊外の人にとっても、本当に便利なのです。インクカートリッジを売るお店は、電車に乗っては大きな街に行かないとなかなかありません。あっても高かったり、品切れだったりすると、本当にがっかりします。

 

でも、通販なら、自宅にいながらいつでも24時間注文することができます。お店は営業時間までに買わないといけませんが、ネットなら何時間でも、深夜でもそのショップを楽しめるのが良いところです。ショップなら、ずっと見ては良いものがあったら保存し、何度でもチェックできます。

 

説明も詳しく書かれていますし、型番からメーカー名まで実に詳しく書かれています。お店では間違って買ってしまうことがありますが、ネットでインクカートリッジを買うようになってからは、そのミスが無くなりました。それも、じっくりと見てはチェックできるからだと思います。

 

それに、ネットなら型番からその特徴もサクサクと検索しては調べることもできるので、それも間違いが無くなった要素だと思います。ネットなら、時間指定で何十個と買っても送料が安いから、まとめ買いができます。まとめて買えば、1個あたりの単価がかなり安くなるのが良いなと思うのです。

続きを読む≫ 2015/09/15 12:09:15

地球上で最も高価な液体は、実は人血ではなくプリンタインクだ、という笑い話のような実話をご存知でしょうか。

 

分量ごとの値段で比較すると、プリンタインクが最も高いのです。なんせ、純正品の場合、たったの10mlで1300円もするので、それは致し方ない所でしょう。
けれども「いくらなんでも高い!」という声がユーザーの間で広がりました。

 

そうして出てきたのが廉価な互換インクカートリッジです。汎用インクカートリッジともいいます。
ネットでプリンタインクを検索し、値段順に並べて最初に出てくるのがこれです。

 

価格は1カートリッジ200円程度。純正品の5分の1程度のため、広まるのは仕方のないところでしょう。
かくいう私も利用者のひとりです。

 

プリンタのインクは、印刷物がさほど多くない人間ならばいいのですが、私はわりと頻繁に印刷する人間なので、とても重宝しました。
ただ、落とし穴がないわけではありません。

 

互換インクはあくまで互換のため、プリンタが認識してくれない不具合を起こすことがあるのです。
最初に「純正品ではないインクを認識しました」とエラーメッセージが出たときには焦りました。幸いにして「故障を起こしても保証できませんがよろしいですか」という確認メッセージとともに動いてくれましたが。

 

あそこで「純正品のインクに交換してください」というメッセージとともに停止したら、そこでアウトです。
また、その場合、不具合は保証の対象外になることは覚悟しなければならないでしょう。互換インクを使われる場合、あくまで自己責任になることを認識しつつ、ご利用ください。

続きを読む≫ 2015/01/13 00:03:13

プリンターは、2000年にパソコンを使用し始めて以来、Canonのものを使っています。今のものは5、6年前に購入したものだと思います。

 

普段はプリンターはちょっとしたコピーや文書の印刷に使用するくらいで、主に黒色を使うのが中心です。しかし、年に一度カラーインクを多く使うときがあります。年賀状を印刷するときです。

 

前の代のプリンターのとき、12月に年賀状を印刷し始めると調子が悪くなるということが2年ほど続いて、1年目はなんとか印刷までこぎつけたものの、2年目はどうにもならず、購入した電器店に修理依頼しました。そして年賀状の方は実家に頼んで印刷させてもらいました。

 

何故よりにもよって、もっともカラーインクがもっとも必要な12月に調子が悪くなるのだろう、寒いせいだろうかなどと思っていましたが、考えてみれば普段はそれほど大量にカラーを使うことはないのでした。電器店から修理代の連絡があり、予想よりも高かったので、思い切って新しいプリンターを買うことにしました。

 

そして電器店にははっきりとは言われなかったものの、調子の悪くなる理由がなんとなくわかりました。交換のインクを純正ではないものを使っていたのです。安いので、ずっとそうしていましたが、かえって高くついてしまいました。

 

それ以降は純正のインクを使っています。今のプリンターの調子は順調です。

続きを読む≫ 2015/01/13 00:00:13

彼女とは結婚を前提につきあっていました。むしろ彼女のほうが積極的で、私の親に紹介してとか、また彼女の親に早くあってくれと、ことあるごとに急きたてるほどでした。肉体関係も結んでいて、月に三度ぐらいの回数で、私の部屋に泊まりにきました。キッチンで食事を作って、いっしょに食べたりすると、まるで夫婦のように思えたものです。そんな二人でしたから、このまま結婚というゴールに二人で進んでいくものとばかり私は思っていました。

 

その彼女の態度が一変したのは、故郷から訪ねてきた彼女の母親と、私が会ったその時からでした。後でわかったことですが、彼女は母親から、私がまだ若く、未熟であることを指摘されたらしいです。つまり私は、彼女と一緒になるだけの生活力がないと判断されたわけです。私は、たとえ母親から何を言われようと、彼女の気持が変わるなどとは夢にも思っていませんでした。これまでのつきあいから、私は彼女を信じていました。

 

が、その日以来というもの、彼女の私に対する態度は、目にみえて冷ややかなものになっていきました。いくら私が誘っても、部屋に泊まることぱなくなりました。カフェなどで会っても、以前のような打ち解けあって笑い声をあげることもなくなりました。デートの約束をしようとしても、彼女はすげなく断りました。そのうち電話をかけても出なくなり、私がぜひにと頼みこむようにして会ったときには、ほとんど口をきくこともないままさっさと帰ってしまいました。

 

そして彼女が突然電話で会おうと言ってきたとき、私はなぜか予感めいたものに胸がふさぎました。案の定、カフェで向かいあって座った彼女の口から、「別れましょう」の言葉が私にむかって投げかけられたのでした。このダメージはfacebook マッチング アプリで新たな出会いを求めることで解消させようか…と思っています。

続きを読む≫ 2015/01/12 00:49:12 BLOG