互換インクカートリッジ 低価格

地球上で最も高価な液体は、実は人血ではなくプリンタインクだ、という笑い話のような実話をご存知でしょうか。

 

分量ごとの値段で比較すると、プリンタインクが最も高いのです。なんせ、純正品の場合、たったの10mlで1300円もするので、それは致し方ない所でしょう。
けれども「いくらなんでも高い!」という声がユーザーの間で広がりました。

 

そうして出てきたのが廉価な互換インクカートリッジです。汎用インクカートリッジともいいます。
ネットでプリンタインクを検索し、値段順に並べて最初に出てくるのがこれです。

 

価格は1カートリッジ200円程度。純正品の5分の1程度のため、広まるのは仕方のないところでしょう。
かくいう私も利用者のひとりです。

 

プリンタのインクは、印刷物がさほど多くない人間ならばいいのですが、私はわりと頻繁に印刷する人間なので、とても重宝しました。
ただ、落とし穴がないわけではありません。

 

互換インクはあくまで互換のため、プリンタが認識してくれない不具合を起こすことがあるのです。
最初に「純正品ではないインクを認識しました」とエラーメッセージが出たときには焦りました。幸いにして「故障を起こしても保証できませんがよろしいですか」という確認メッセージとともに動いてくれましたが。

 

あそこで「純正品のインクに交換してください」というメッセージとともに停止したら、そこでアウトです。
また、その場合、不具合は保証の対象外になることは覚悟しなければならないでしょう。互換インクを使われる場合、あくまで自己責任になることを認識しつつ、ご利用ください。